log

『挨拶』

2017年03月02日 | 未分類

ファイル 1111-1.jpg

普通に挨拶して

普通に尋ねたらいいと思うんだ

会う度に挨拶するとね

次第にお互いに入り込んでくるような気がするの

気がするだけだよ

ほんとうはどうかわかんないけど

僕はそうしてきたんだ

お爺さんとお婆さんたちとの入口

それは「挨拶」

もしうまくコミュニケーションがとれないなぁ〜って

悩んでいる人がいたら

そこを丁寧にやってみるといいよ^ ^

騙されたと思ってやってごらん^ ^

大丈夫だから

お爺さんとお婆さんを信じて

やって見てごらん^ ^

今日朝ホームに行ったら

「おはようございます」って

ちょっと意識して言って見てごらん^ ^

それを今日1日意識して

やってみてね^ ^

できれば毎日続けられるといいね^ ^

さぁ

笑って^ ^

nao

08:21 | 記事 nao [コメント:0]

『自分が変わる時』

2017年03月01日 | 未分類

ファイル 1110-1.jpg

ダメな自分、できない自分、厄介な自分、面倒くさい自分、ウザい自分、嫌な自分、計算高い自分、嫉妬深い自分、最低な自分、最悪な自分

そんな自分を知った そんな自分を感じた
そんな自分を とことん味わってみた
そんな自分を味わったら
そんな自分でもいいと そんな自分を認めてみた
やっとそんな自分でもいいと そんな自分を受け入れられたら

次は

素敵な自分、かっこいい自分、凄い自分、最高な自分、楽しい自分、愉快な自分、できる自分

そんな自分を知りたくなった そんな自分を感じたくなった
そんな自分を認めたくなった そんな自分を受け入れてみよう
そう思った

ほんとは そもそも
ぜ〜んぶひっくるめて 自分なんだと
両方 ぜ〜んぶ『僕』だと

その時
自分が変わった

nao

18:25 | 記事 nao [コメント:0]

『子供たちへ』

2017年02月23日 | 未分類

ファイル 1109-1.jpg

友とコンタクトを取り続ける^ ^

nao

07:04 | 記事 nao [コメント:0]

『coming-out』

2017年02月09日 | 未分類

ファイル 1108-1.jpg

『coming-out』

あの〜^ ^

実は〜^ ^

いま〜^ ^

心理カウンセリングの勉強をしています(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

言っちゃった^ ^

実は座学の研修など伝達研修では

僕はもう限界を感じています

確かにそれで変わる人もいます

そして

そういう人は

そもそも自分を変えようとすると前提を持っています

そしてそこで住まう人たちの姿が変わります

最終的な目的はそこにあるのです

しかし

僕は今までずっと伝えて来ましたが

一時的のその人は変わるのですが

職場に戻るとまた元に戻ってしまうのです

そんな変わらない現実を目の当たりにする経験を

ずっとしてきました

いま

あちこちで不適切な支援や虐待が起きています

僕の現場でも起きていたんです

やはり

直接、認知機能が低下してゆく状態にある方々と

日常を共にしている専門性を持つ人たちの前提を変えていかなければ

何も変わらない

僕らの世界だけの専門性だけではダメだ

関わる側のもっと奥深いところに働きかけないと

本質的に変わることはできないと

そう思ったのです

どこまでできるかわかりませんが

直接関わる人たちの前提を

カウンセリングを通して

共に考えられる事業所環境を創っていけたらと考えたからです^ ^

結局人と人とが響き合う世界ですから

そこに70〜100程ある原因疾患と

日常をどう過ごしてゆくかが

僕たちの仕事なので

それりゃストレスはたまるでしょう

そんな環境の中で

知識や技術を詰め込んだとしても

ましてや人の心の情に訴えたとしても

なかなか変わらない世界なのです

それは経験した人じゃないとわからないでしょう

幸か不幸か

僕は経験しているので

そこを

今悩んでいる人

困っている人

虐待しそうで自分が怖い人

そんな人たちの話を聞く場所があるといいなと

思ったからです^ ^

誰かに聞いてもらうだけでも違う

そう思うのです^ ^

少しパワーアップ?

バージョンアップ?した

なおさんをお待ち下さいませ^ ^

nao

10:54 | 記事 nao [コメント:1]

『外部の記憶』

2017年01月11日 | 未分類

ファイル 1107-1.jpgファイル 1107-2.jpgファイル 1107-3.jpg

僕の家の真ん中に

太い丸太の柱がある

家を建てる時に

家族5人全員で

丸太の皮を削り

一人ひとりの名前と年齢を書き込んだ

その当時の僕の年齢は36歳

同い年の奥さんと一緒に建てた家だ

毎日この柱を見ては心の中で懐かしむ

これもひとつの僕の外部に在る記憶になる

多分人間にはそんな記憶がたくさんある

誰かに会うと蘇る様々な記憶や感情

さらにその出来事や感触まで蘇る時がある

何らかの原因で

認知機能が低下していこうとも

感情の感触は

何だかそこに在るような気がする

そんな事を大事にする専門職が増えるといい

僕は学者じゃないので

感覚的にしか物事を捉えられないが

それはそれで僕のいいところだ

よしよし

nao

08:07 | 記事 nao [コメント:0]

『演出家』

2017年01月10日 | 未分類

ファイル 1106-1.jpg

大切なものを失った時って

なんかおかしい

自分の思考が

「おかしい」を俯瞰して演出する

自分の演出力に驚く

そうなるように

そうなるように

導く

nao

13:52 | 記事 nao [コメント:0]

『感性』

2017年01月08日 | 未分類

ファイル 1105-1.jpg

それはね

それぞれの響く感性が違うからさ

だから

正しいも間違いもなくて

そもそも

問題なんて存在しないんだよ

ほんとはね

nao

10:42 | 記事 nao [コメント:0]

『認知症の人』

2017年01月07日 | 未分類

ファイル 1104-1.jpg

だから「認知症高齢者」とか「認知症の人」なんて表現で一括りしちゃダメなの

自分の中にある言葉の選び方を考えようよ

本当のそれでいいの?

「当事者」とか「本人」とかも変

自分で自分を「認知症の人」って言ってるうちは

なんも変わらないかもね

少なくとも僕はやめたよ

nao

11:47 | 記事 nao [コメント:0]

『平等⁉︎』

2017年01月07日 | 未分類

ファイル 1103-1.jpg

器の大小などあるのだろうか

もしあるとすれば

自分の身に起こる出来事の応じ方で決まるのか

しかし

その応じ方の評価ですら

誰かや何かの物差し

では

その物差しはいったい誰が創造したものなのか

結局のところ

確かなことは

どんな物差しだろうが

誰にも過去は変えられない

そのことにおいては

人の死と同様に

人は皆平等である

nao

10:29 | 記事 nao [コメント:0]

『ちゃんとということ』

2017年01月04日 | 未分類

ファイル 1102-1.jpg

いままでちゃんとすることをちゃんとしようとして疲れてきた僕にとって

ちゃんとしないことを目指してしまい

ちゃんとしないことをちゃんとしようとしてしまいさらに疲れてしまっている僕がいる

ちゃんとすることも難しい

ちゃんとしないことはもっと難しい

僕の今年のテーマになるかな?

nao

08:48 | 記事 nao [コメント:0]