log

『施設長のアドバイス』

2018年02月22日 | 未分類

ファイル 1148-1.jpeg

今となっては

もう何もやれることはないって思うこと

諦めかけたことや諦めてしまったこと

僕にはたくさんあった

でもね最後の最後までやれることはある

今はねそう思える

それはね

ただ在ること

それこそそこに存在していること

人間として生きていることは

大体のことは共通しているから

何でもいいから語りかけてごらん

視線を贈って微笑んでごらん

そこにただ存在してごらん

無表情な人に

まったく喋らない人に

いつも眉間に皺を寄せて怒っている人に

顔を合わせるたびに「帰ります」という人に

病院で抑制されている人に

今生命を全うしようとしている人に

じぶんの感情が癒されるような気持ちで

語りかけてごらん

例え自分の思うようにいかなくても大丈夫だから

自分を責めなくてもいいよ

自分を嫌わなくてもいいよ

あなたの存在の語りかけは必ず届いているから

神様に誓って真理だから

最後の最後にはうまくいくから

やってごらんよ

大丈夫だから

07:02 | 記事 nao [コメント:0]

『施設長の嘘』

2018年02月21日 | 未分類

ファイル 1147-1.jpeg

あのね

よく認知症の状態にある方へ「嘘」をつくことの善し悪しが話題にあがることがある

なんか嘘をついてる介護職が悪いかのような言い方をされることがある

そう言えば、パーソンなんとかケアとかにも嘘をついてはいけないとか書いてあったなぁ

例えば日本には「嘘も方便」とか言う諺まであるし、いいんだか悪いんだかよくわからん事がよく起きる

でもそれは

嘘をつかなくてもいい関係や状況や状態か
嘘をつかなければいけない関係や状況や状態か
そもそも「嘘」に対しての個々人の前提がそれぞれにどうかによっても違ってくると思う

別な見方をすると

嘘は人間の本能のひとつの姿でもあると思う

つまりは自分や何かを守らなければならない環境や状況や状態に置かれた時

人間は防衛本能って奴を繰り出すんじゃないかと思うんだ

嘘をつくか、つかないかが問題ではないし

嘘そのものが問題でもないと思うんだ

嘘が嘘だったりってこともある

何故かは僕にもわからないけれど

少なくとも僕は両親や今まで出会ってきた大人たちに

「嘘をついてはいけない」って言われて自分を育んだことは間違いないし、それが僕の前提にあるのも自覚している

そもそもどうして嘘をついてはいけないのかにも疑問を持ったことがない

もっと言うと自分自身に嘘をついてることの方がたくさんあるし

嫌になって罪悪感を抱くことだって今までにもたくさんあったしある

それは「嘘をついてはいけません」という前提を信じているからなんだ

だから僕はそこを疑う所から始まると思うんだ

つまりは

嘘をつかなくてはいけないような若しくは嘘をつかなくてもいいような環境や状況を創っていることとそもそも本人が持っている本質的な前提や状態によって変化することに目を向けることだと思うんだ

嘘をつくとかつかないは、あくまでも結果であって手法や手立てに過ぎない

つまり嘘をつくか、つかないかの議論は

嘘をつかなくてもいい、又は嘘をつかなければいけない全ての環境や状況や状態と本人の本質的な前提や状態を紡ぎ出す関係に左右されると思うんだ

さらに認知症の場合は、嘘をつかれる又は嘘をつかれ続けているその状態が放置されることで、その本人が何かを感じるを感じたから起こっていることだと言うことをわからないで起きている事態が不可解だと思うんだ

その関係というのは、直接的、間接的にはまったく関係がなく本人の中で感じてしまうことなんだ

だから僕はいつも思うんだ

本人不在の議論はいつまでたっても平行線で終わると・・・

僕たちはいつも客観的主観で議論している

本人はいつも蚊帳の外って場合が多いね

本人というかひとりの人間の本質的なベースがいつもどこかに置き去りにされているんだ

僕はいつもそこを疑いながら居るようにしているよ

だからいつまで経っても解れないし、逆に解ろうというスタンスというか関係から抜け出せないんだ

それは仕方がないと思っている

僕が認知症の状態になっても多分僕を解ってくれる人は何処にもいなくて寂しい想いをすると思うんだ

でも解ってくれる人ではなくて、解ろうとしてくれる人がひとりでも居てさえくれれば、少しは心癒される光がみえるだろうなぁと想像が出来るし

ましてや相手が嘘をつかなくてもいいような自分で居られると思う

僕のスタンスはそこだし、僕自身の老後の課題かもしれないな

そして

一番悩ましいのは

自分自身に嘘をついていることがどれだけあるかだろうと思うんだ

どうだい?

解ろうとしてくれるかい?

昨日から今日にかけて「嘘」についてずっと考えていたら頭が痛くなったよ(笑)

10:24 | 記事 nao [コメント:0]

『ものの見方捉え方』

2018年02月20日 | 未分類

ファイル 1146-1.jpeg

僕にある、先入観、固定観念が、先入観、固定観念というフィルターを通してみている

つまり僕のみえる世界は僕の知っている世界を通してみてるってわけね

まっさらな若しくは真っ白ななんにも影響されない客観性などどこにもないと感じるんだ

結論は

全てはみている人間の主観であるってね

全てがそうなんだ

世界ってそうやってそれぞれの主観を織り成して出来ている

そもそもアセスメントしてみんなでカンファレンスしてケアプランをつくるなんて

僕の本心としては心を閉ざしてしまう連続した出来事のひとつなんだけれども

法令遵守だからやるではあまりにもバカなので、だったら道具や仕組みに工夫をする事で僕たちの主観が育まれるように仕掛けようと思ったんだ

そうやって知らないうちに限りなく客観的(絶対に無理だけど)なものの見方や捉え方が高まるといいなと思ったんだ

だから道具や仕組みは大事だよ

アウルは記録の道具や記録の仕方の仕組みを工夫する事で、必然的に生活をベースに観ることや

一人ひとりに起きている出来事や変化に気づけるようなものにしてるんだ

それを続けていくとどうなると思う?

教育とか研修とかしなくたって自然とものの見方や捉え方が備わるんだ

あとは考え方をいろんな人の出来事を通して勝手に感じてゆくんだ

そう最終的に感じることが大事で感じることを通して感性が高まってゆくんだ

そのことをず〜〜〜〜〜っとやってるんだ

彼らは自分で自分を育んでいるよ

そんでもって欲を言えば、その道具や仕組みも、自分たちで考えて創造することが出来て、使えるようになるとなお良いと思うんだ

なぁそう思わないかい

最近事例検討だとか事例発表だとか流行っているようだけれども

まさしく大勢でいろんな経験のある人たちの考えや心が織りなされるから素敵なんだと思う

ただそこに本人の考えや心がどれだけ在るかが定かじゃないし、そもそも本人がいないところでなんやかんやもなんだかなぁと思うし嫌だなぁと感じる

時には研修と際して先駆者や有名人の話を聞く

どっかの有名人の話を聞くのは、その人の真似をするわけではなくて、自分だったらどうするかなって思考や心を巡らすためなんだ

だから自分たちで出来ることはまだまだたくさんあると思うんだ

仕事ってそういうことなんだと思う

だから諦めずにやってるよ

地道にね^ ^

08:28 | 記事 nao [コメント:0]

『施設長の夜勤経験』

2018年02月19日 | 未分類

ファイル 1145-1.jpeg

昔、グループホームの取り組みの際の夜勤をしていた頃、夜中に寝巻(浴衣)に腹巻姿でポーチを斜めがけにして起きてくるお婆さんがいました。
僕は「またか」とため息をついていました。
そのお婆さんは、僕を見かけると「仕事行ってくるから」と少し投げやりに言います。僕が「これから仕事ですか?」と改めて問い返すと「はい!」と強めに返事をします。さらに追い討ちをかけるように、「これから仕事って大変ですね」と声をかけると「バスガイドは大変なのよ!朝早くて!」と少し怒ったように答えてくれます。
そうなんです。彼女の仕事は「バスガイド」なんです。毎晩ではありませんが、今思うと多分何か不安な時に、ふとその時に戻るかのように、その時代に存在します。
僕は少し焦ったように「すみません。そう言えば、先程今日バスがストだという連絡が入っていて、伝えるように言われていて、伝えるのを忘れていました。すみません、僕のせいで、遅くなりました。すみません」と、今日運行のバスがストになったことと報告が遅れたことの謝罪を少し大袈裟に繰り返し謝ると「なんで早く言わないのさ!今度からちゃんとして下さいね。わかりました!」と、部屋へ向きを変えて戻って行くのです。また、少し経つと同じようなことが繰り返され、明け方には落ち着き少し横になり朝を迎えることになるのです。
僕に出来たことは、そこに存在して応じることしかありませんでした。
今であれば、日常生活で起きる様々な不安を引き起こす要因や誘引が紡ぎ出す何かを探り、そのことを生活をベースに共に整えていくのと同時に彼女の存在価値が高まるように支えることができますが、その時はその時に起きる彼女たちの世界を知ろう、解ろうとするのが精一杯で、何か専門的な支援などとは程遠く、彼女たちのその瞬間の時代に存在することしか出来ませんでした。
その不安と一緒に居る、そして僕らに出来ることは、朝を迎えた時に「おはよう」と何事もなかったかのように、笑って挨拶をすることしかないようです。
共に不安な一夜を過ごした後のご褒美でしょうか。
人が人と人との間で出来る最高のことだと今も思っています。

07:48 | 記事 nao [コメント:0]

『目指しているもの?』

2018年02月18日 | 未分類

ファイル 1144-1.jpeg

何かを目指しているのかなぁ

ただこの存在が誰かや何かへの癒しになればいい

そう思ってやってきた

いいのもは自分に取り入れそうでないものは心を閉ざした

たくさんの誰かの考え方ややり方を目指した

それもいいけれども

しかしそれは

本来持つ自分の価値というか在り方というか

そんなものを紡ぎ出すためだった

自分と同じになるわけでもないし

自分と同じにしようなどとも思わない

ただ自分はどうするかしかなかったし、ない

そしてそれは

全ての人との関係で起きる神秘でもある

選択はそれぞれにある

どう選ぶかは自分にしかできないのだ

さぁ僕らはどうするかを選ぶことができるんだ

どうする?

12:49 | 記事 nao [コメント:0]

『施設長の人財育成』

2018年02月17日 | 未分類

ファイル 1143-1.jpeg

よく質問されることのひとつに『人材育成について』があります。
正直に言うと、自分でもよくわかっていないのではないかと思うのです。なのに、人前でなんだかんだと言っていることに矛盾を感じます。
たぶん正直なところ自分自身では、スタッフを教育しているつもりないからだと思うのです。
もっと掘り下げて正確に言うと、教育したがっている自分とそうでないと主張する自分とが葛藤しているんです。
教育したがる自分はもうどうしようもないんで自問自答の中で自分に対して「へ〜そうなんだ」ってその都度応じてます。
でも、もう一人の自分は、彼らが自分自身で自分を高められるような仕組み(システム)や環境を創ることで、彼らがその気になった時にいつでも自由に学べるようにしておくことが私の仕事だと思っているんです。
基本的に人間は自分を高めたいと思っているし、今よりも良い自分でいたいとか在りたいと思っていると思いますから、自分を高められるような仕組み(システム)や状況を用意することで、ストレスなく学べると思うのです。
それでも教育したがる自分は、スタッフへ期待を持ってしまいます。
何事も思うようにはならないと解っていても、自分の内面に起る「相手への期待」にいつも心が揺れ動きます。
更に内観をすすめますと、その心の内に起る「相手への期待」は、勝手に誰かや何かと比較するようになります。
つまり、相手の成長が私の期待と異なると私の心の中で争いが起りだすのです。
それは形を変え、内なる不安や不満や愚痴になってゆくのです。
結局、自分の心の中に起っているこのやり場のないこれらの感情は、相手に向けられ、悪いのは「私の期待」に応えることのできなかった相手のせいになるのです。
幸いなことに、その内なる声や感情は表には出してはいません。(今日初めてSNSで投稿した^ ^)
もし出てしまうと、「相手への期待」は人間関係をダメにしてしまうと思うのです。
勝手に期待されてしまっているとすれば、たまったものではありません。
ですから、いつでも学べる環境や仕組みを創りだしていればいいのだと思うのです。
そしてその時々でお互いに確認し、その都度未来に向けて話し合ってさえしてゆけば、人は勝手に育ってゆくものとだと思うのです。
55歳を過ぎて少しずつではありますが解ってきたことでしょうか。
ですから『人材育成はどうされていますか?』の質問の応えは
強いて言うならば『いつでも学べる機会と環境を創造し、さらに自分を育もうと、その気にさせること』でしょうか?

11:48 | 記事 nao [コメント:0]

『施設長のつぶやき』

2018年02月16日 | 未分類

ファイル 1142-1.jpeg

わたしたちの介護という仕事は、人間の「生きる」という本能の部分に働きかけるという普遍性に満ち溢れる仕事です。ですので、一般的にいうエビデンスを超越したところにある仕事なのではないかと思います。例えば、ラーメン屋さんに行って、幾つかのメニューの中からは選ぶとします。私は味噌ラーメンが好きですから、迷わず味噌ラーメンを注文します。もし、味噌ラーメンを選んだその根拠(エビデンス)を問われても、その答えは「好きだから」「食べたかったから」となるでしょう。人間が生きてゆく過程のひとつひとつに、エビデンスを持って説明や証明出来ないところに、私たちの仕事があります。つまり、生きてきた、生きている、生きてゆくそのものがエビデンスだとしたら、私たちの介護という仕事は、その一人ひとりの生き様ひとつひとつの「考え方」に目を向けることが大切になってくると思うのです。その「考え方」を評価してもらえるように、こんな「考え方」で関わることで、今までできなかったことが出来るようになったという姿や、若しくは出来なくなってしまったという姿を、生活の中にたくさん見出だして生かしてゆくことに他ならないと思うのです。本来、私たち介護の仕事は機能の改善ではなく、生活する気持ちの改善に目を向け、そのための支援を考え続けることだと思います。

10:50 | 記事 nao [コメント:0]

『施設長のひとり言』

2018年02月14日 | 未分類

ファイル 1141-1.jpeg

色んな事を知れば知るほど

色んな物を持てば持つほど

色んな事を学べば学ぶほど

なんだか僕の感覚が

だんだんと軽くなっていくような気がする

知識には際限がない

そもそも最近専門性やエビデンスそのものを疑い始めている

僕らの仕事はそこを超越したところにあると思う

人が何を想い何を感じ何をするのかに神聖さを感じる

人が人と人として向き合う時

そこに確かな価値がある

有難う

なお

09:15 | 記事 nao [コメント:0]

『社長の少しの覚醒』

2018年02月10日 | 未分類

ファイル 1140-1.jpeg

最近感じることだが

人間知っていることよりも知らないことに方が断然に多い

知らなかったことを知るたびに知らなかったことの多さと知っているつもりの自惚れを感じる

無知でちっぽけな自分の小ささを感じるのと同じに知らないことを知る可能性と不安も感じる

もっと違う視点で捉えると

知らないことを知っている人が必ずいるということ

と言うことは

自分が知らないことを知っている人との繋がりと紡ぎの営みでこの世界は成り立っていると考えると鳥肌が立つ

人間自分の生きている時代で自分の成すことで生きている

生きることで自分の成すことを自覚していることは幸いだ

その成すことも枯渇してくるとまた何かを成そうとする

0を1にする生き方

そして自分をどう終わらせるかを考え人生を降りて行こうとする時

そうした一連の生きるということと向き合うことも人間の宿命だろうと感じる

10:50 | 記事 nao [コメント:0]

『がんばらばいをがんばらない』

2018年02月09日 | 未分類

ファイル 1139-1.jpeg

がんばっている人が

がんばらないようにと

がんばっている姿をみると

がんばらないをがんばってる人に

がんばらないをがんばらないでと思う

逆に

がんばらないをがんばるのなら

素直にがんばった方がいいのではと思う

12:32 | 記事 nao [コメント:0]