log

『リーダーズ 2』

2017年03月29日 | 未分類

ファイル 1116-1.jpg

久しぶりに熱いドラマを観ました

初めてグループホームを始めた頃を思い出しました

この国ではまだ制度化されていない平成8年

特養の取り組みとして始めたのが

僕が初めて出会ったグループホームでした

その頃の熱い想いを思い出しました

最近

自社の各事業所から

設立した想いをスタッフに伝えて欲しいと

今度スタッフ向けに話をすることになっています

当時の昔々のフジテレビの取材を受けた映像もあるので

それを使ってみんなに伝えようと思う

グループホームの良さが

グループホームの効果が

グループホームの豊かさが

グループホームの日常が

そしてグループホームのケアそのものが

この国の認知症ケアの歴史を変える仕組みと信じて

これまで取り組んで来た想いを

痴呆症と言われていた時代から30年

グループホームに携わってから20年

今もこれからも

その熱さはこの胸にあります

Nao

13:45 | 記事 nao [コメント:0]

『せたな』

2017年03月25日 | 未分類

ファイル 1115-1.jpgファイル 1115-2.png

昨日せたな町で

『めざせ!認知症になっても安心して暮せるまち~せたな~』

「あなたが認知症になった
ら・・・」~せたな町に、あったらいいなこんなこと、あんなこと~

というテーマについて

考える機会をいただきました

最近僕の中にあるテーマが

『繋がり』

認知症のみならず

すべてにおいて

大切なキーワードです

この「繋がり」が意識された事柄は

この地球上のすべての生きとし生けるものにとって

とても有益な考え方

若しくは哲学にも繋がります

「繋がり」が閉ざされた事柄は

いつか衰退し

この地球上から消滅してしまうでしょう

今この瞬間の選択が大切なのです

Nao

写真のカツカレーは、せたな町で有名な「みつわ食堂」の有名メニューだそうです^ ^美味しくたいらげてしまいました^ ^ご馳走様でした^ ^

11:32 | 記事 nao [コメント:0]

『好きなこととしたいこと』

2017年03月24日 | 未分類

ファイル 1114-1.jpg

自分が好きなことと

自分がしたいことが

一緒で

さらに自分の力でできる

すると自分がとても嬉しくなります

それはとても当たり前なことですが

何らかの状況や状態によって

その当たり前な日常が困難な方もいるでしょう

自分の好きなことやりたいことがあってもできないことが生まれる

自分が好きなことだけども

自分ではやりたくないこともある

自分の好きじゃないことを

自分でやらなきゃならないこともある

自分が好きじゃないことを

自分でやらなくていいこともある

一番いいのは

自分が好きなことを

自分に力でできること

Nao

07:14 | 記事 nao [コメント:0]

『大切』

2017年03月22日 | 未分類

ファイル 1113-1.jpg

今日のNHK連続ドラマ「ひよっこ」で

主人公のセリフに触発された

「これまでの歩みがあるから、今があるのです。今があるから、これからがあるのです。」

ですから

今の歩みを大切にしようと思った

時に人は

これまでの歩みが認められず

今の歩みを悔やみ大切にできないから

これからの歩みが不安になるのです

今の歩みを大切にすること

今の自分を大切にすること

「大切にする」

それだけでいいのです

大切にするのに

理由も理屈み言い訳もいらないのです

ただただ

「自分の今を大切にする」

それだけでいいのです

そのことが

過去の自分も

未来の自分も

認められ

周りの大切に触れられるのです^ ^

Nao

18:47 | 記事 nao [コメント:0]

『拠りどころ』

2017年03月21日 | 未分類

ファイル 1112-1.jpg

『拠りどころ』

誰でも

最初からうまくいきません

どれだけ想いを込めているか

必ずそれは伝わる

そう信じています

スタートが同じでも

歩む道

考え方が違うと

まったく違う結果になる

私とあなたでは

まったく違う

全然違う

全て違う

でも

それはそれで

それらは

とても素敵な生き方

だと思えることが

素敵だなぁ〜

と思うんです

そんな一人ひとりが

とても素敵な拠りどころになるといいね^ ^

nao

07:57 | 記事 nao [コメント:0]

『挨拶』

2017年03月02日 | 未分類

ファイル 1111-1.jpg

普通に挨拶して

普通に尋ねたらいいと思うんだ

会う度に挨拶するとね

次第にお互いに入り込んでくるような気がするの

気がするだけだよ

ほんとうはどうかわかんないけど

僕はそうしてきたんだ

お爺さんとお婆さんたちとの入口

それは「挨拶」

もしうまくコミュニケーションがとれないなぁ〜って

悩んでいる人がいたら

そこを丁寧にやってみるといいよ^ ^

騙されたと思ってやってごらん^ ^

大丈夫だから

お爺さんとお婆さんを信じて

やって見てごらん^ ^

今日朝ホームに行ったら

「おはようございます」って

ちょっと意識して言って見てごらん^ ^

それを今日1日意識して

やってみてね^ ^

できれば毎日続けられるといいね^ ^

さぁ

笑って^ ^

nao

08:21 | 記事 nao [コメント:0]

『自分が変わる時』

2017年03月01日 | 未分類

ファイル 1110-1.jpg

ダメな自分、できない自分、厄介な自分、面倒くさい自分、ウザい自分、嫌な自分、計算高い自分、嫉妬深い自分、最低な自分、最悪な自分

そんな自分を知った そんな自分を感じた
そんな自分を とことん味わってみた
そんな自分を味わったら
そんな自分でもいいと そんな自分を認めてみた
やっとそんな自分でもいいと そんな自分を受け入れられたら

次は

素敵な自分、かっこいい自分、凄い自分、最高な自分、楽しい自分、愉快な自分、できる自分

そんな自分を知りたくなった そんな自分を感じたくなった
そんな自分を認めたくなった そんな自分を受け入れてみよう
そう思った

ほんとは そもそも
ぜ〜んぶひっくるめて 自分なんだと
両方 ぜ〜んぶ『僕』だと

その時
自分が変わった

nao

18:25 | 記事 nao [コメント:0]

『子供たちへ』

2017年02月23日 | 未分類

ファイル 1109-1.jpg

友とコンタクトを取り続ける^ ^

nao

07:04 | 記事 nao [コメント:0]

『coming-out』

2017年02月09日 | 未分類

ファイル 1108-1.jpg

『coming-out』

あの〜^ ^

実は〜^ ^

いま〜^ ^

心理カウンセリングの勉強をしています(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

言っちゃった^ ^

実は座学の研修など伝達研修では

僕はもう限界を感じています

確かにそれで変わる人もいます

そして

そういう人は

そもそも自分を変えようとすると前提を持っています

そしてそこで住まう人たちの姿が変わります

最終的な目的はそこにあるのです

しかし

僕は今までずっと伝えて来ましたが

一時的のその人は変わるのですが

職場に戻るとまた元に戻ってしまうのです

そんな変わらない現実を目の当たりにする経験を

ずっとしてきました

いま

あちこちで不適切な支援や虐待が起きています

僕の現場でも起きていたんです

やはり

直接、認知機能が低下してゆく状態にある方々と

日常を共にしている専門性を持つ人たちの前提を変えていかなければ

何も変わらない

僕らの世界だけの専門性だけではダメだ

関わる側のもっと奥深いところに働きかけないと

本質的に変わることはできないと

そう思ったのです

どこまでできるかわかりませんが

直接関わる人たちの前提を

カウンセリングを通して

共に考えられる事業所環境を創っていけたらと考えたからです^ ^

結局人と人とが響き合う世界ですから

そこに70〜100程ある原因疾患と

日常をどう過ごしてゆくかが

僕たちの仕事なので

それりゃストレスはたまるでしょう

そんな環境の中で

知識や技術を詰め込んだとしても

ましてや人の心の情に訴えたとしても

なかなか変わらない世界なのです

それは経験した人じゃないとわからないでしょう

幸か不幸か

僕は経験しているので

そこを

今悩んでいる人

困っている人

虐待しそうで自分が怖い人

そんな人たちの話を聞く場所があるといいなと

思ったからです^ ^

誰かに聞いてもらうだけでも違う

そう思うのです^ ^

少しパワーアップ?

バージョンアップ?した

なおさんをお待ち下さいませ^ ^

nao

10:54 | 記事 nao [コメント:1]

『外部の記憶』

2017年01月11日 | 未分類

ファイル 1107-1.jpgファイル 1107-2.jpgファイル 1107-3.jpg

僕の家の真ん中に

太い丸太の柱がある

家を建てる時に

家族5人全員で

丸太の皮を削り

一人ひとりの名前と年齢を書き込んだ

その当時の僕の年齢は36歳

同い年の奥さんと一緒に建てた家だ

毎日この柱を見ては心の中で懐かしむ

これもひとつの僕の外部に在る記憶になる

多分人間にはそんな記憶がたくさんある

誰かに会うと蘇る様々な記憶や感情

さらにその出来事や感触まで蘇る時がある

何らかの原因で

認知機能が低下していこうとも

感情の感触は

何だかそこに在るような気がする

そんな事を大事にする専門職が増えるといい

僕は学者じゃないので

感覚的にしか物事を捉えられないが

それはそれで僕のいいところだ

よしよし

nao

08:07 | 記事 nao [コメント:0]