log

【悪い時が過ぎれば、良い時が必ず来る】

2020年02月23日 | 未分類

ファイル 1579-1.jpeg

おしなべて、
事を成す人は
必ず時の来るのを待つ。

あせらずあわてず、
静かに時の来るのを待つ。

悪い時が過ぎれば、
よい時は必ず来る。

松下 幸之助
.
.
.
.
.
.
オロオロバタバタアタフタなし。
コツコツモクモクタンタンと。感謝。

07:03 | 記事 nao [コメント:0]

【思いやりのある人間になること】

2020年02月22日 | 未分類

ファイル 1578-1.jpeg

他人の何千もの欠点に目をつけるより、
     
自分の唯一の欠点に気付くほうが
       
よほど役に立ちます。
            
              
自分の欠点なら、
        
わたしたちは自信をもって
        
修正できる立場にあるからです。
            
               
人に幸せになってもらいたいと
        
思うなら、思いやりを学びなさい。
       
         
自分が幸せになりたいと思うなら、
       
思いやりを学びなさい。
 
 
思いやりがあれば、
       
人生に起こる苦しみや問題は
      
自分で解決できる。         
      
              
怒り、いさかい、嫉妬、
       
激しい競争によって友情は
       
生まれるでしょうか。
     
      
友をつくる最良の方法とは、
      
非常に思いやりのある人間に
       
なることです。
       
                
親愛の情だけが、 
       
真の親友をもたらします。   
            
     
              
~ ダライ・ラマ14世 ~
 
 
http://beautyhealthdiet.sblo.jp/article/185587646.html

05:18 | 記事 nao [コメント:0]

【きっと明日はいい日になる】

2020年02月21日 | 未分類

ファイル 1577-1.jpeg

許せなかったことも
許せるようになって
過去の自分を
認められるようになって
できないことは
頼れるようになり
まわりの悩みも
理解できるようになり
感謝できることが増えて
何度も壁にぶつかり
そのたびに乗り越えて学んで
いつしか自分の軸が生まれて
理想の自分に一歩ずつ進んでいく
誰かに言われるものでもなくて
自分で感じとるもの
生きているかぎり人は成長する

Facebook投稿より引用

Nao

12:25 | 記事 nao [コメント:0]

【人間関係を断捨離して幸せになる24の方法】

2020年02月14日 | 未分類

ファイル 1576-1.jpeg

(1)
 
人間関係の最大のコツは、
相手にも自分にも、
完璧を求めないこと
 
人間関係で、
相手や自分に完璧を
求めるのはやめる。
 
 
(2)
 
あらゆる人間関係は、
共通点を探すゲーム。
 
人間関係は、
共通点を探すゲームだと、
考える。
 
 
(3)
 
人間関係が嫌になれば、
切るのではなく、
距離を置く
 
人間関係が嫌になれば、
切るのではなく、
距離を置く。
 
 
(4)
 
神様は、
苦手な人に変身して、
あなたの前に登場する。
 
苦手な人は、
人に変身した
神様だと考える。
 
 
(5)
 
1人に嫌われたくらいで、
大げさに考えない。
 
世界には、
まだ70億人以上もいる。
 
1人の友達に
嫌われたくらいで、
落ち込まないようにする。
 
 
(6)
 
褒め言葉に対する
最高の返事は「褒め言葉」
 
褒め言葉には、
褒め言葉で返事をする。
 
 
(7)
 
いらない物は、
徹底的に捨てる。
 
いらない物は、
思いきって処分する。
 
 
(8)
 
ささいなことほど、
丁寧に扱う。
 
ささいなことを、
丁寧に扱う。
 
 
(9)
 
毎日使う日用品は、
精神状態に大きく関わりを
持つパートナー。
 
毎日使う物こそ、
いい物を使う。
 
 
(10)
 
人付き合いが下手な人は、
すべての人に好かれようとする。
 
人付き合いが上手な人は、
大切な人に好かれようとする。
 
 
(11)
 
人間関係とは、鏡である。
 
相手の表情は、
自分の表情を反射している。
 
 
(12)
 
ほほえみは競走
相手より、先にほほえむ
 

(13)
 
むかっとした出来事を
反面教師にできる人が、
立派になる。
 
むかつく出来事、
むかつく人は、
反面教師と考える。
 
 
(14)
 
人付き合いが下手な人は、
すべての人に
好かれようとする。
 
人付き合いが上手な人は、
大切な人に
好かれようとする。
 
大切な人にだけ
好かれようとする。
 
 
(15)
 
「憧れ」を想像しよう。
それがあなたの未来の姿。
 
「憧れ」を、想像する。
 
 
(16)
 
人と出会うたびに、
どんどん生まれ変わっている。
 
人との出会いから、
影響を受ける。
 
 
(17)
 
寝るか忙しくすれば、
嫌なことを忘れる。
 
いらいらしたら
「寝る」か「忙しく」する。
 
 
(18)
 
他人と比べない。
いっそのこと、他人を見ない。
 
宝物を、自分の中に見つける。
 
 
(19)
 
誰もあなたの心に
傷をつけられない。
 
自分で傷をつけるだけ。
 
批判を成長に受け止める。
 
 
(20)
 
嫌いな人は、
子犬のようなもの
なだめるように接しよう
 
嫌いな人は、
なだめるように接する。
 
 
(21)
 
気の利いた
サービスを受けたとき、
メモに残す習慣を
身につける。
 
気の利くことをされたら、
すぐノートに書きとめる。
 
 
(22)
 
口にする前に深く考え、
一度口にした言葉には
責任を持つ癖。
 
一度決断し、
発言した内容は貫く。
 
 
(23)
 
褒めると褒められ、
尊敬すると尊敬される
ようになる。
 
積極的に、
相手のいいところを
褒めていく。
 
 
(24)
 
むかつく人との出会いは、
自分の器を大きくするチャンス。
 
むかつく人との出会いを
反面教師にする。
 
 
 
出典:「HappyLifeStyle」
 
人間関係に疲れたときの30の言葉

Nao

07:21 | 記事 nao [コメント:0]

【成幸のオプション】

2020年02月07日 | 未分類

ファイル 1575-1.jpeg

「せっかち」
「思い立ったら吉日」
「即行動」
「すぐやる」

これが成幸の秘訣

って〜のは嘘

本当のところは
怖いから

永ちゃん(矢沢永吉)も言ってた(笑)

なんか
そう言ってる
そう解釈している
そう理解している
そう納得している
そう思い込んで
発信している自分が
なんかほんとじゃないなって
感じている自分がいた

そう
本当のところは
怖いからだった

怖いから手立てる
怖いから先に手を打つ

ほんとうは
成幸の秘訣でも何でもない
恐怖や不安から逃れるための秘訣

そう思った時
それも自分を守るための秘訣なのかなと
何か得体のしれない何かに
守られている感じがして

少し自由(楽)になれた気がした
57の夜

ということで
おはようございます^ ^

Nao

06:22 | 記事 nao [コメント:0]

【あれだな】

2020年02月05日 | 未分類

ファイル 1574-1.jpeg

認知症に関わる全ての専門職に言いたいんだけどさ

認知症のことをやる人はさ
認知症の勉強もいいけどさ
まずは
その人間がオギャーって生まれてから
そうなるまでの一人称の人生を知ろうって〜のがなきゃなんないと思うな

まずそれが先だよ

認知症からはいるんじゃなくて
人から入れって〜のはそういうことだよ

言葉遊びでもなきゃ
ましてや
フォントや字の大きさの問題じゃない(笑)

怒られるかもしれないけど
「認知症」「認知症」って
うるさいね

さらにもっと
恐懼疑惑を植えつけてるみたいだ

昨日大学生に
最後の授業だったからさ
言ったさ

あのね
最後に一番大事なことを言うね
認知症のケアって
まずはその人間を知ることから始まるからね
絶対に忘れるんでないよ

「認知症とは何か?」なんて忘れてもいいけど
その人間が生まれてから色々あって
その人間にしか感じられなかった
心情や体験や経験を知ろうとすることは忘れるんでないよって言ったの

それが基本のき

まずはそこを知ること
知ろうとすることから
関わりは始まるんだってね

もし君たちがこの世界で仕事をするようになったとして
もし目の前の人間とその認知症と向き合わなければならなくなった時に
思い出してもらえるといいなと思う

まだわからんけど
ぼくも
あと2、3年したら
消えてるかどうなってるかわからんし
今のうち
今思っていることを
大切に伝えてゆこうと思うな

Nao

05:07 | 記事 nao [コメント:0]

【自分が変われば相手が変わる】

2020年01月26日 | 未分類

ファイル 1573-1.jpeg

人と話をしていると
相手が自分の話に興味や関心があるのか
好意を持っているのか
敵意を抱いているのか
安心しているのか
疑っているのか
不審(不信)を感じているのか
なんとなく解るようになった

自惚れか
傲慢かもしれないが
そう感じる自分がいる

それは『目』に現れる
つまり目には表情があって
目の動きでわかると言うか感じる

『目は口程にものを言う』とはよく言ったものだ
目をみて話すとかよく言われるが
まさしく目は心や気持ちや感情
そして思考や想いと直結し
やがて言葉や態度(仕草や所作)に繋がる

自分も相手も同じ人間
なんとまぁ面白い生き物である

この間飲み会があって
話をしていると
話し相手の視界と視線の動きに違和感を感じた途端
話が途切れた
それ以上その話をしたくなくなった

体験と経験は
そのことをしっかりと身体で記憶している

この繰り返しと積み重ねが
人間関係を創っていくのだろうと
あらためて感じた

ぼくの座右の銘
『因は我にあり』
自分が変われば 相手が変わる
相手が変われば 心が変わる
心が変われば  言葉が変わる
言葉が変われば 態度が変わる
態度が変われば 習慣が変わる
習慣が変われば 運が変わる
運が変われば  人生が変わる

これは
ぼくの信条

グループホームアウルと
グループホームアウル登別館の
両方に飾ってある掛け軸に
書いてもらったものです

結局は自分に還る
人間関係は鏡です

ということで
おはようございます^ ^

Nao

06:49 | 記事 nao [コメント:0]

【グループホームアウル登別館新年家族会】

2020年01月25日 | 未分類

ファイル 1572-1.jpegファイル 1572-2.jpeg

毎年恒例となりました
グループホームアウル登別館の
新年家族会

アウルの家族会は伊達も同じだが
年2回開催している

目的は3つ

ひとつは
なかなか面会の機会がとれないご家族に、このタイミングでご本人と逢う機会にすること

つまり、ご本人とご家族とのコミュニケーションですね

ひとつは
ご家族同士交流を深め、お互いの理解を高めること

つまり、ご家族同士のコミュニケーションですね

ひとつは
夜勤を除く全職員が参加し、普段なかなか見ることのできない様子を出来るだけ、直接関わっている職員から説明するのと同時に、アセスメントとケアプランの説明と理解、また、ご家族がどんな職員が関わってくれているのかを全職員が関わることによって直接ご家族が確認できること

つまり、ご家族と職員とのコミュニケーションですね

これらの3つを目的とすることで
ご家族や地域の理解を深めて行くことが大切だと考えるからです

これは今までアウルがご家族と共に築き上げてきた伝統でもあります
この関わりを欠かすことのないようこれからも運営して参ります

今日の登別館のご馳走は
ケイタリング寿司🍣
恒例のすき焼き

認知機能の状態にも配慮し
ご自分の部屋で
家族とみずいらずで鍋を囲む方も

本当は地域の方々にも開放し交流できればなおいいのですが
今後の課題です^ ^

Nao

12:56 | 記事 nao [コメント:0]

【違い】

2020年01月25日 | 未分類

ファイル 1571-1.jpeg

ぼくの先輩カウンセラーの話です

以下は先輩心理カウンセラーの池田ちかさんのブログの内容から引用させてもらいます↓

先日、友達とごはんを食べた
隣のテーブルに
座ったカップルの会話が
とても興味深くてね

彼がメニューを眺めながら
「これ、おいしそう」
「これ、食べたい」というたびに
彼女のほうが
「それは高い」
「私、〇〇が苦手だから無理」
「太るからダメ」と
ことごとくダメだしをする

そのダメだしが秒殺で
どうしてこ彼は彼女と一緒にいるのだ?と
疑問に思うほどだった

好みが合わないっていうことは
付き合っていてもあることで
それをどう乗り越えていくか?という方法は
カップルの数だけある

ただ、その時のポイントが
相手の気持ちを受け止めるということ

隣の席のカップルを例にとるなら
彼のいう「おいしそう」「食べたい」という気持ちを
彼女が受け止めているかどうか?
 
私には、とても受け止めているようには
感じられなかったんだよね…

この受け止めるって
一緒に同じものを食べるということではなくてね
「あなたはそう思ってるんだね」
「あなたはそれがそうしたいんだね」
「あなたはそれが好きなんだね」
そういう気持ちを相手に対して持てるか?っていうところ

「相手を受け入れる」
「相手を否定しない」
 
そのうえで
「私はこっちが好き」
「私は別のにする」だとしてもいい

合わせることが共感ではなくて
受け止めることが共感

同じであることだけが共感ではなくて
違いを認めることも共感

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上です^ ^

ぼくらの仕事も同じようなことが起きますね
ぼくは今まで同じ方向を向いていることが大事だと思っていましたが
例え同じではなくても
例え合わせられなくても
違いを認めるということも
同じ方向を向いて
歩んでいる
という別な共感の概念が加わるだけで幅が広がるんだと学びました

果たしてぼくらは
違いを認め合えているだろうか?

あと
ぼくにやれることは
みんなを信じることしかないようだ

Nao

09:25 | 記事 nao [コメント:0]

【ご挨拶】

2020年01月04日 | 未分類

ファイル 1570-1.jpeg

2020年
あけましておめでとうございます。

さて、今年はどんな年にしようかと
今からワクワクドキドキしております。

今年初の読書は
『樹木希林120の遺言』

死ぬとくぐらい
好きに
させてよ

希林さんの生き様が
少し垣間見れます。
希林さんに感謝です。

それでは
今年もどうぞよろしくお願い致します。

               感謝

有限会社 グッドライフ
取締役総合施設長 宮崎直人

17:56 | 記事 nao [コメント:0]