log

『やるか・やらないか』

2016年09月13日 | 未分類

ファイル 1004-1.jpeg

最初から自信のある者などいない


やったもの勝ちだと思う


腐るか


凹むか


拗ねるか


どんな感情を持ったにせよ


やるか


やらないかの違い


自分たちを信じてやってみろよ‼️


自分を信じてやってみろよ‼️


俺はそうしてきた


腐ったし拗ねたし凹んだし


挙げ句の果てに


恨んだり嫉妬したり腹たったりと


そりゃぁーわやだ


でも


なんだかんだほざいても


やったか


やらなかったかで


全ては決まってる


どうする?

nao

10:20 | 記事 nao [コメント:0]

『尊厳?』

2016年09月13日 | 未分類

ファイル 1003-2.jpeg

暴言・暴力と聞くとただ事ではないと感じる

そこだけに焦点が合うと

他に考えることができなくなる

そうなると

分離する

遠ざける

誤魔化す

と言うことに走りやすい

そもそもその関係だけに囚われていると

本質が見えなくなる

その環境に中の関係を冷静に見ると

私たちとの関係もある

しかも私たちは専門職として存在している

つまりその関係も含めて全てが人間関係だ

問題が起こっている関係だけに注目するにではなく

私たちとの関係の築きは?

更に問題と感じていることに執着していると

その関係を再構築若しくはいい関係を感じることにできる環境を作ろうとしなくなる

なぜが?

問題に執着している

前提・あり方・Beingが

暴言・暴力だから何も変わらない

楽しみ・豊かさ・心地良さが前提になっていない

もっと言うと

それが施設内完結型が多い

外に目を向けていない

外に出て行くことだけではなく

外の環境や物を活用することも視野に入れるといい

例えば

これまで住んでいた若しくは生活していた場所で

大切にしていたことやモノ

大切かどうかは

本人はもちろん

家族を含めたリサーチが必要だろう

最大限どこまで私たちにできるかどうかはわからないが

その前提を忘れてはいけないだろう

問題に執着した状態はチーム力にも影響する

たとえ優れた個人がいたとしても

個人プレーで到底できるものではない

基本的な流れを示しておくので

支援の参考にしていただけると幸いです

1.心地好く良好な関係づくり(日常的な)
2.支援の前の準備・備え・仕掛けを用意する
3.仕掛けへに誘い(いざない)・そそり・導き
4.心地好い展開(ライフヒストリーや嗜好などを活用)
5.心地好い締めと結びと再会の約束(良好な印象づけ)

つまり起承転結を意識することが大切です

そこには

1.主体性(自分が決める)
2.選択性(自分が選ぶ)
3.関係性(自分が関係を持つ)

という大前提(在り方・Being)があることも忘れてはいけない

これらの全てを総称して

『尊厳』という

nao

08:02 | 記事 nao [コメント:0]

『完成予想図』

2016年09月12日 | 未分類

ファイル 1002-1.jpg

今年開設予定の小規模多機能とサ高住の絵ができましたのでおしらせします。こんなのができま〜す。nao

21:53 | 記事 nao [コメント:0]

『続 北海道地域大会資料について』

2016年09月12日 | 未分類

ファイル 1001-1.png

日本認知症ケア学会北海道地域大会に使用しました資料がアップされましたのでどうぞご利用下さい。nao

08:47 | 記事 nao [コメント:0]

『北海道地域大会資料について』

2016年09月11日 | 未分類

ファイル 1000-1.jpeg

本日使用しました北海道地域大会の資料ですが、まだアップできていません。もう少々お待ち下さい。

nao

19:45 | 記事 nao [コメント:0]

『私らしく』

2016年09月11日 | 未分類

ファイル 999-1.jpeg

東京の大事な会議


息子の結婚式


緊張の連続した2日間


そして3日目の今日は


日本認知症ケア学会北海道地域大会


この3連ちゃんを期待と希望と喜びと緊張と不安と感じていました


でも


東京の会議


昨日の息子の結婚式


な〜んだその時自分の思ったこと感じたように伝えればいいんだ



パッカーンした感じなんです


なんか一皮剥けたって感じですかねぇ


緊張はすると思うんですが


なんか必死に何かになろうとしてたんだなって


それがなくなったら軽くなっちゃった


そんな感じです


今日も挨拶と講演があるんですが


私らしくいこうと思います


どうぞよろしくお願いします

nao

05:57 | 記事 nao [コメント:0]

『喜怒哀楽』

2016年09月10日 | 未分類

ファイル 998-1.jpeg

グループホームの目指す事の一番に『笑顔』とい言う人がいる


確かにその通りである


でも僕は違う


グループホームは全てに感情が自由に表現できる場だと思うのです


つまり


『喜怒哀楽』


『笑顔』だけ目指しちゃうと


『笑顔』でない状態は負になるのです


『笑顔』でない状態は良くないと言うことになるのです


そんなの窮屈


『笑顔』でなければいいケアをしていないと


周囲から評価されるのではないかという罪悪感が生まれる


そんなのおかしいと思うのです


楽しい時


嬉しい時


感動した時


喜びたい時


そう自分が感じるから笑うのです


そうでない時まで笑っているのはほんとじゃない


怒りたい時だってある


泣きたい時だってある


悲しい時だってある


そんな時に感情を表現できるところ


そして問題にしないところ


そんなところが


グループホームだと思うのです

nao

05:17 | 記事 nao [コメント:0]

『両家謝辞』

2016年09月09日 | 未分類

ファイル 997-1.png

大切な会議が終わって


ホッとしたのは束の間


今度は明日に控えた息子の結婚式


新郎側なので自ずと両家謝辞がある


嬉しいのやら何やらわからない


兎にも角にも明日に迫っているのは紛れもない事実(^^;;


明日は親父として一日


はっちゃきこきたいと思いま〜す(^o^)


皆さん‼️


私の無事を祈っててくださいねm(_ _)m

nao

14:38 | 記事 nao [コメント:0]

『責任』

2016年09月09日 | 未分類

ファイル 996-1.jpegファイル 996-2.jpeg

今日はこれからのグループホームにとって


とても大切な日です


しっかりとこれからのグループホームの在り方を見極められる集まりとなるように努めます


どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

nao

07:48 | 記事 nao [コメント:0]

『感謝‼️』

2016年09月08日 | 未分類

ファイル 995-1.jpeg

実は昨日誕生着でした


久しぶりにアウルに顔を出すと


スタッフより


バースデーカードとプレゼントをいただきました


スタッフの皆さん‼️


有難うございます🤓🎶👍


お陰様で


ごじゅーよんになりました


アウルを作った時が


さんじゅーきゅう歳でしたから


かれこれ15年の歳月が経つのですね


オープンからのスタッフは


私と今野さんの2人だけになっちゃいましたね


これからも末長くよろしくお願いします


この場をお借りしまして


スタッフの皆さんへ感謝を申し上げます


有難う🤓🎶👍‼️

nao

11:48 | 記事 nao [コメント:0]