log

『人生における秘訣を考えてみた』

2016年12月16日 | 未分類

ファイル 1089-1.jpg

いきなりだが

人生における秘訣を考えてみた

いろんなことを総合的に考えてみた

僕には3つほど頭に浮かんだ


1つ目は

『善悪の判断ができること』

ということ

ここで言う善悪というのは

社会のルールとか

法律とか

常識とか

多数決の多数の方とか

そんなことを基準とした善悪じゃぁなく

人間の本質的なこと

人としての権利というか

そういうことを云フ

誰かの好きとか嫌いとか

普通はとか

一般的にはとか

ましてや正しいとか間違いとかではなく

そんなんじゃぁない

何かの基準とかそういう類のものでもなく

生命に対する誇りそのもの

「べき」とか「ねば」の枠の外のこと

僕は

そこを定とした

善悪の判断があるとすれば

ここ


次回は2つ目をご紹介する

nao

08:46 | 記事 nao [コメント:0]

『舵取り』

2016年12月14日 | 未分類

ファイル 1088-1.jpg

やはり僕は

自分が言っていることと

おこなっていることとが

一致していないようです

多分誰にでもある感情なのだろうと思いますが

そのような状態になると

とっても苦しくなります

とってもザワザワします

アウルというブランドが大きいから大変なんです

よく言われます

そうだろうなぁと思います

僕が外で

認知症やケアのことを喋りまくるもんだから

世間はアウルが完璧にできているもんだと思っちゃう

そんなことありえへん

完璧などどこにもない

目標を掲げ

そこに意識を向けて

限りなくそこに近づこうと

日々仕事をしているだけです

目指す方向性が皆無だと

どこに向かっていいかわからないじゃないですか

でも僕は決して理想を語っているわけでもなく

人がより良く生きるためにはどうしたら良いかを考えましょうって言っているだけです

ずっ〜とそうです

同じことしか言ってません

比較されて結構

評価されて結構

今の人たちで

今の人たちの力で

今の人たちのチーム力で

今に人たちで

できることをするだけです

人がいるとかいないとか

人がいてもできないのに

本当に人がいればできるというのか

僕は自分に嘘をつきたくない

アセスメントもケアプランも

まだまだ発展途上です

ケアだってそう

でも

目指しているのは間違いはない

でものね

そんな僕たちでも最高の仲間たちなんです

そこを目指して行動を起こしている限り

最高の人たちなんです

一人ひとり能力は違う

見ている方向は同じ

そうやってお互いが高まって行く仲間

僕はアウルにいる人たちを

そういう仲間としてみています

その舵取りが僕です

nao

15:29 | 記事 nao [コメント:0]

『ゆるむということ』

2016年12月13日 | 未分類

ファイル 1087-1.jpg

突然気づいた

ある程度ベースができたら

あとは流れに任せると

ちゃんとおさまるね

なんとかしようとしたり

するとなんかやっぱり

おさまらないね

苦しくなるね

こころが

やっぱ僕はゆるゆるでいこう

nao

09:48 | 記事 nao [コメント:0]

『グループホームって』

2016年12月12日 | 未分類

ファイル 1086-1.jpg

グループホームって

振り返ると

集団処遇の変革と世間からの偏見とスティグマからの解放の象徴だったと僕は思う

ある意味

革命といってもいい

彼らの多くは

その環境や偏見との狭間で足掻きもがいて

その不適切な環境と偏見と関わりと戦っていた

もちろん

関わり手も同じ

そのことに

気づき始めた人たちは

生活環境や支援の仕組みを見直し

生活をベースに認知機能の障害を支えていく仕組みを考えた

それがグループホームの始まり

彼らが過ごしやすい環境(住まい)をベースに関わり方を創ったのだ

しかし

グループホームができる前の

集団処遇と様々な偏見やスティグマのある時代へ逆行しているような気がする

もしかしたら

そもそもそこから抜け出してないんじゃないか?

いろんな言い訳を作って

生活の支援を諦めてはいけない

冷静に彼らに起こっていることを観ると

彼らに起こっている認知機能の線(糸)の障害と

さらに生きていると起こりうる様々な要因という点との狭間で線(糸)が絡みあってしまい

自分では解せないほどのダマになり

もはや自分の力では・・・

そこに今まで通りにいかない歯痒さと苛立ちという感情の点が加わり

さらに複雑になる

僕たちの仕事は

その複雑に絡み合った線(糸)を

日常の生活の中で

少しづつ一緒にほぐし解いていくことだった

僕たちには沢山の「生きている」という線(糸)がある

その糸は

複雑に交差し合い

うまく繋がっている

時に僕たちにも

線と線とが絡んでしまうことがある

自分一人ではどうしようもなくなった時

誰かがそばにいて

その線を解く手伝いをしてくれたら

それだけで僕は嬉しいし

直接解いてくれるわけではないけど

そばにいて励ましてくれるだけでも

有難いと僕は思う

そんな関係が築けたらいいなぁと思う

グループホームは

それができる最高の場所だ

グループホームの利点を無にしない

そんな関わり手であることを

病気で一人ではなかなかうまく解けなくなっている「生きる」という線(糸)を共にほどき支えるために生まれた仕組みとして

僕はこの仕事に誇りを持って挑んでいる

nao

18:39 | 記事 nao [コメント:0]

『絶対‼️ 大丈夫‼️』

2016年12月11日 | 未分類

ファイル 1085-1.jpg

どんなことがあっても

大丈夫だから

絶対 大丈夫だから


そう

自分に言い聞かせる

nao

12:00 | 記事 nao [コメント:0]

『アウル Facebook始めま〜す』

2016年12月10日 | 未分類

ファイル 1084-1.jpg

いきなりですが

アウルのFacebook始めます‼️

これまで個人的にFacebookを毛嫌いしてきましたが

サ高住&小規模の新規開設を記念しまして

特にアウルHPのブログで発信しています情報を

Facebookを通して情報を発信してもいいんじゃね

という

神様にお言葉がありましたので(笑)

ドンドンと考えを発信させていただくことに決めました‼️

来週の月曜日

12月12日

アウルFacebookを新規発信いたします

沢山のお友達申請及びコメントをお待ちしております

では

nao

11:40 | 記事 nao [コメント:0]

『サ高住&小規模 最新情報‼️』

2016年12月09日 | 未分類

ファイル 1083-1.jpgファイル 1083-2.jpgファイル 1083-3.png

今日

建築中の現場を見てきました

足場もだいぶ外れ

外壁もはらさり

全体像が見えてまいりました

予定では

21日に引き渡し

そこから物品を搬入開始して

25日と26日に内覧会の運びです

時間は

10:00〜16:00 です

それ以外でも

希望があればいつでも

ご連絡下さい

とっても楽しみです

皆様のお越しをお待ちしております

nao

19:57 | 記事 nao [コメント:1]

『長生大学』

2016年12月09日 | 未分類

ファイル 1082-1.jpgファイル 1082-2.jpg

今日は

伊達市の長生大学という

伊達にお住いの高齢者の方々が主体的に運営し

生涯学習に取り組んでいる学び場に

呼ばれました

昨年に引き続き

お題は「認知症のそなえ2」

会場は圧倒的に大先輩だらけ

一緒にラジオ体操をしました〜‼️

先輩方‼️

よろしくお願い致します

nao

09:59 | 記事 nao [コメント:0]

『加藤さんの語り』

2016年12月08日 | 未分類

ファイル 1081-1.jpgファイル 1081-2.jpgファイル 1081-3.jpgファイル 1081-4.jpg

今日は

加藤忠相さんにお願いして

支援のあり方を

語ってもらっています

アウルにスタッフ向けの研修会だが

いつものようにオープンにして

たくさんの方がいらしています

遠くは札幌や函館や白老から

さすがNHKプロフェッショナル仕事の流儀の力は大きいね

彼の話をきいて

どれだけの人が明日の支援に活かせるのだろうか

「あぁ良い話だったねぇ」

そうならないように

そうならないように

心から心から祈っています

加藤さん

今日は有難う‼️

あとで美味い飯でも食おうぜ‼️

nao

19:36 | 記事 nao [コメント:1]

『なんかさ・・・』

2016年12月08日 | 未分類

ファイル 1080-1.jpg

なんかさ

人が一所懸命に頑張っている姿っていいね

泣けてきちゃう

頑張るなって人は云フけど

それでも

なんかいいね

最近涙もろくてね

箸が転がっただけでも

泣けてきちゃうんだ

もう少し頑張ってみるよ

頑張るっていっても

無理はしてないから

大丈夫だよ

心が嬉しいから

大丈夫なんです

nao

14:24 | 記事 nao [コメント:0]